ギリシャ神話によるセックスの起源

どこかでセックスという言葉は、元々一つだった男女が神の怒りに触れて、2つに分けられまた一つの身体に戻る行為という話を聞いたことがあります。
ロマンあふれる話ですが日本語が元だと主張する人もいます。
接苦するというのがSEXに聞こえると…本当かなと苦笑いしたくなるような説ですが、なんで苦しいという文字が入っているのか。
昔の日本ではセックスは罰ゲームだったのかと言いたくなるような話です。
苦しいという文字はある意味衝撃的ですが、過去のセックスのしかたは痛いとか、苦しいとか感じるものだったのでしょうか?昔と今は赤子の生存率や、食糧事情も違いますし、否認もしてないでしょうからそういったことも関係しているのではないかと思います。
背を尽くすという文字を、セックスと結びつける人もいます。
ただこういう文字を当てる人も含めて、お国柄というものも出ますね。
上で書いた神話の話や、苦しいという文字をあててセックスとする話民族語とにいろいろな感じ方がありそういう考え方を見ると面白いです。
こういうところから、当時の性欲に対してどう考えてきたのかが分かるような気がします。
欧米やアジアでもそういったものに差があるでしょうし、日本でも時代ごとにどんどん感覚が変わってくるはずです。
そういった変化とともに、それぞれの時代に生きていた人たちも性に対する感覚が変わってくると思うとなかなか、壮大な話だと思います。
他にもギリシャのこういう話があるので機会があれば是非そのお話をしたいと思います。

若い女性とセックスをする方法

男性という生き物はとにかく若い娘を好みます。
もちろん小学生のような若すぎる娘を選ぶ人はごく少数でしょうが。
女性からは不満の出ることでしょうがこれは男性が悪いわけでなく、単に若い女性のほうが子供を孕みやすいという生物的な本能によるものです。
それゆえ無自覚であっても、男性というのは若い女性とセックスしたがるものなのです。
ではここで、その男性陣に「三万円を出すなら若い娘とセックスさせてあげる」と言った場合どうなるでしょう。
当然ながら、様々な理由により断る人とそれを考えずに話に乗る人に分かれます。
援助交際の話において若い娘が出てくることの多い理由はこうした男性の本能的なものによることが大きいです。
その証明として、実際に援助交際において現れた女性が話に聞いていたよりも年長であれば男性は裏切られた気持ちになるでしょう。
しかしこれが男性の場合であると、こちらに求められるのは若さではなく財力の一点になるわけです。
そして援助交際は、よりお金を欲しがる二十歳以下の女性に広がるわけです。
もちろん援助交際が二十歳以下の女性に広がっているということ自体が非常におかしいことではあるのですが。
そして一般的な意見としては「身体をお金で売るなんて有り得ない」というものが多数ですが、彼女たちからしてみれば、気持ちのいいことをして更にはお金までもらえるのだからこんなにいい話はない、ということになるわけです。
男性からしてみれば「おいおい」と言いたくもなるわけですが。

体のみの関係を望んでいる二人はセフレ関係

わたしは現在「二人の体のみの関係」相手がいる生活を送ってます。
この二人とは、両方とも出会い系サイトで知り合いました。
最初は、一人だけを選ぼうと思っていたんですが「埼玉県で会ってくれるて方」と募集したところ、タイプの男性が二人いて選べなかったので、迷った末に、両方とお付き合いすることにしたんです。
二人とも、埼玉県に住んでいて、わたしのことを可愛がってくれるのですが、体のみのお付き合いの相手が二人というのは結構大変なのです。
両者共同じ県に住んでいるので、移動に限ればとても便利なのですが、相手が二人の場合、予定の情報が交ざって、上手に管理出来ずにいます。
二人の名前が似ていることもあり間違えてしまうこともありますし、「どちらに何の話をしたか」忘れてしまうことも多かったりします。
それにこのまま付き合いを続けると、体のみの関係ではなく「彼氏」に展開しそうな雰囲気だから、それも困ってしまいます。
体のみの関係なのに、両者共わたしを恋人みたいに大切にしてくれるので、出来れば不誠実なことはしたくないのです。
大変なことも多いのですが、それでも両者共失いたくないので、努力したいと思います。

セフレのメリットと罪悪感について

彼との関係が「セフレ」だという現実が辛いという女性は多いと思います。
身体だけが目的で一緒にいる関係を、自分で受け止め切れなくて、切なくなりますよね。
しかし、その関係を築いてしまったのは、あなた自身の意志でもあるのです。
本当にイヤだと思うのなら、彼から誘われても断ればいいのです。
それでも、イヤだと思いながら彼と会ってセックスしてしまうのですから、あなたは彼とのセックスに何らかのメリットを感じているのではないですか?
あなたに切なくて苦しい思いをさせている彼ですが、あなたがそんな彼を受け入れなければ、彼が悪者になることもないのです。
セフレが辛いと思うのなら、彼との縁をきっぱり断つべきです。
彼と会えないと寂しくて辛い、誰にも迷惑はかけていないと思うのなら、そのまま関係を続けるのも、あなたの意志です。
セフレから本命の彼女になる可能性だってあります。
あなたが彼に見切りをつけた途端にステキな恋人が見つかるかもしれません。
セフレは悪いと罪悪感を感じるなら、止めるべきです。
苦しくて辛いなら、新しい恋人を探したらいいのです。
それでもやはり彼と一緒に居たいと思うのなら、つらい気持ちは封印して、これからも彼とのセフレを続ければいいのです。
いつか奇跡が起きて、本命の恋人になれる日が来るまで、彼を信じて待ってみてはどうでしょうか。
奇跡は信じる人の元にしか訪れないのですから。

岡山県に在住女性のセフレ体験談

「何人もの女性と一度にお付き合いをしてみたい」というのは男性にとって、ある意味理想の付き合い方だと思います。
当然、その願いを大声で言うことは憚られますが、出会い系サイトを活用すれば、誰に後ろ指差されることなく可能なら、
是非とも実現させたいと願う男性は沢山いるのではないでしょうか。
そんな願望を実現することを夢みて、私は近頃、地域別の出会い系サイトの掲示板に身体のみの相手を募集とコメントを入れました。
現在私は岡山県に在住していて、岡山県内での募集をしていますが、なかなか相手が見つかりません。
格別相手に条件をつけているわけでも、何も変わった要求をすることもなく、普通のコメントだと思うのですが、
経済的な余裕を提示した方が女性が安心出来るのではと「車」を所有している旨と、「ホテル代」「食事代」はすべて負担することを書き添えたのです。
それが功をなしたのか、一件女性からメールが届き、内容は「私でもいいですか?」というモノだったからとても嬉しかったです。
だけど、そのメールにしっかり目を通すとその女性は岡山在住ではなく、島根県に住んでいるということでした。
正直かなり凹みましたが、そんなにすぐに身体のみの関係の相手が見つかるわけがないのだと実感したのです。
今後も募集は続けるつもりですが、それでも見つからない場合は諦めるしか仕方がないと思っています。